見える人にだけ見える光だ 陰こそ唯一光の理解者【这是只有能看见的人才看的见的光明 阴影才是光明唯一的理解者】秋田ひろむ词 《未来になれなかったあの夜に》 水机智译 ​​​​
前向きに生きることほど素晴らしいことはない  でも「前向きに生きて」じゃ 頷けない誰かさんの為【再没有像积极生活一般美妙的事情了 但“积极的活下去吧” 是对无法理解这件事的某人而说】秋田ひろむ词 《未来になれなかったあの夜に》 水机智译 ​​​​
まさかお前、生き別れたはずの 青臭い夢か?恐れ知らずの 酒のつまみの思い出話と 成り下がるには眩しすぎたよ【难道说你、就是那不应分离的幼稚梦想吗?是那无所畏惧的梦想 和作为下酒菜的往事一起没落 实在是太过耀眼啊】秋田ひろむ词 《未来になれなかったあの夜に》 水机智译 ​​​​
あの日の情熱の火はいずこ 悔しさを並べたプレイリスト そぞろリピート音楽と風景 後悔、浄化する過去の巡礼【那一日激情的火焰何在 就在排列着懊恼的播放列表里  不断重复的音乐和风景 是后悔 净化过去的洗礼】秋田ひろむ词 《未来になれなかったあの夜に》 水机智译 ​​​​
おかしいのは自分以外 嫌いなくせに笑ってるパラノイア 悲しい風には泣かない 悲しいなんて認めない【真正可笑的是除自己以外的人 明明讨厌却强颜欢笑的偏执狂 我绝不会悲伤的哭泣 我绝不会承认悲伤】秋田ひろむ词 《とどめを刺して》腾讯音乐译 ​​​​
鼓動が速い分だけ 人より速く進めると言い聞かせ 苦しい顔で走らない 苦しいなんて認めない【我告诉自己 心跳有多快 就能比别人前进的速度快多少 我绝不会一脸痛苦的奔跑 我绝不会承认痛苦】秋田ひろむ词 《とどめを刺して》腾讯音乐译 ​​​​
「誰にだって辛いことはある」 そういうのは自分にだけ言って  君の辛さを平凡にしたがる  人の無自覚が誰かの辛さになる【“谁都会有痛苦的时候” 这种话只对自己说就够了 人们总会下意识淡化你的痛苦 而这种不自觉又会成为他人的痛苦】秋田ひろむ词 《とどめを刺して》腾讯音乐译 ​​​​
ねえ二度と泣かないように 君を脅す君にとどめを刺して 僕と逃げよう 地の果てまで 追っ手は暗闇 明日無き逃亡【听我说 为了不再哭泣 了结掉那个威胁你的你吧 和我一起远走高飞 逃往天涯海角  这是场看不见明天的逃亡 黑暗就是追兵】秋田ひろむ词 《とどめを刺して》腾讯音乐译 ​​​​
僕は変わってしまったかな 時々不安で恐らくなるよ【我是不是变了啊 时常这么不安而担忧】秋田ひろむ词 「少年少女」雷仔译 ​​​​
「どうしてここに居るんだよ 今すぐに逃げ出せよ 望んだ様に生きられないなら 死んでんのと同じだ」「为什么我会在这里 现在立刻逃出去吧 倘若无法过渴望的生活 那就和死了没分别」秋田ひろむ词 「少年少女」雷仔译 ​​​​
そうだ 僕も君ももう一度新しく生まれ変われるよ 傷ついて笑うのは 金輪際もうやめにしよう【是啊 你和我还能再一次崭新的重生 笑着互相伤害这种事 绝不要再做了】秋田ひろむ词 「少年少女」雷仔译 ​​​​
際立って透明な 霜が降りる頃  白鳥の目玉は紅色  旅路のもの懐かしさと  別れた人に泣き腫らすから【当晶莹得晃眼的霜降来临时 天鹅的眼珠是一片赤红  只因她怀念着旅途漫漫  为分别之人哭红双眼】秋田ひろむ词「鴉と白鳥」水机智译 ​​​​
この羽根が黒く 忌まわしくはためくのは  僕が僕である痛みに羽ばたくから 声が酷く耳障りなのは  憎たらしい人生を 未だに罵り続けるから【羽毛化作了漆黑 令人憎恶的飘舞在空中 因我为我就是我这件事的痛苦而振翅  声音刺耳得厉害 因我时至今日仍在咒骂这可恶的人生】秋田ひろむ词「鴉と白鳥」水机智 ​​​​...展开全文c
同じ色に交れば普通で  他に交れば僕ら除け者  所在変われど僕は変わらず僕である この羽根と等しく   そんな僕を僕は誇るよ【若是混于同色之中我们就是寻常的 若是混于其他之中我们就是另类的 尽管生存之地有所改变可我依旧是我 正如这羽毛一般 我为那样的自己感到骄傲啊】秋田ひろむ词「鴉と白鳥」水 ​​​​...展开全文c
「ここにいるべきじゃないよ もっと相応しい場所があるよ」君はそう言い旅に戻った  白い羽根が空に際立った【「我们不应该在这里的啊 肯定有更适合我们的地方的啊」你这样说着又重新踏上旅途 纯白的羽毛在空中是那样显眼 】秋田ひろむ词「鴉と白鳥」水机智译 ​​​​

正在加载中,请稍候...